• コストパフォーマンス

    刷やスキャンを行う機械には多数ありますが、その機能や大きさに応じてその価格も大き

  • 今後の動向

    ンターネットの利用拡大や電子的に情報を保存することが一般的になってきていますが、

プリンタ上部

インターネットの普及とともに、個人のパソコン所有率は飛躍的に上がりました。
パソコンを持っている方であれば、印刷のためにプリンタも同時購入して自宅にあるケースが多いでしょう。
単に、プリンタと言っても千差万別あります。
数千円で購入できる物から、オフィスでも使用できる何十万円もするデジタル複合機まで、使う人のニーズに合わせて選ぶことが重要だと言えます。
最近では自宅で年賀状をプリントすることをメインに持っているという人も多く、安価であっても高品質、高性能なスペックをもった機種が多く販売されています。

従前のプリンターはインクヘッドが壊れやすいことが多く、悩みの種でもありましたが、最近はこういったことも改善してきており、安心して利用することが出来ます。

どんな機種を選ぶべきか

一般家庭で利用するプリンターとしては1万円前後の金額が主流で購入されています。
実際に選んでいく際には、自分がどのぐらいの頻度を利用するのか。
また、どんな目的で利用したいのか。
この2点に目を向ける必要があります。
た例えば、ウェブページを月に数回しかプリントしないような人が、立派な複合機を持っていても宝の持ち腐れになってしまいます。
そういう人は、単純なプリンター機能が備わっていれば目的を果たせるはずです。
逆に、年賀状や写真のプリントをメインで使う人が、単純なプリント機能しかないものを選ぶと、仕上がりに不満を抱く形になり、ミスマッチであると言えます。
複合機は便利な反面、使いこなせないと無駄になります。
多機能だから購入するのではなく、自分の利用スタイルに合わせて購入することがミスマッチを防ぎます。

故障に要注意

最近のプリンタは無線LAN機能やクラウド機能、スキャン機能、OCR機能など多種多様な機能がついております。
精密機器ですから、極端な暑さや寒さには弱いことも覚えておきましょう。
主にインクヘッドの動きが悪くなったり、温度の変化でインク自体にダメージを与えてしまったりもあります。
無線LAN搭載のものも多いので、設置する場所の湿度や温度が安定しているところを探しておくとベストです。
さらに、インクは消耗品です。
市場では安価な代替品のインクが販売されていますが、メーカー品を使わない場合は自己責任で取り扱いするようにしましょう。
機種によっては、代替品でインクヘッドが痛んでしまったり、機械が認識しなかったりする場合もあります。

オススメリンク

コストパフォーマンス

印刷やスキャンを行う機械には多数ありますが、その機能や大きさに応じてその価格も大きく異なります。オフ…Read more

今後の動向

インターネットの利用拡大や電子的に情報を保存することが一般的になってきていますが、それでもなおプリン…Read more

注意すべき点

次にプリンターを利用する際に、注意すべき点について、いくつかまとめていきます。まず最初に外出先でプリ…Read more

関連リンク

アーカイブ
カテゴリー